• 生活習慣とスキンケアの見直しでにきび予防

    にきび予防には様々な方法があります。



    大人になってからできるにきびは思春期の頃にできるにきびと違いとても厄介な性質を持っています。

    食生活の乱れによる栄養の偏り、運動不足、寝不足、ストレス、喫煙、疲労、ホルモンバランスの乱れ、生活リズムの乱れ、肌の乾燥などが主な原因となり、同じところに繰り返してできる、治りが遅い、跡が残るなどの特徴があります。
    頬や口の周りや顎や首筋などのフェイスラインにできやすいという特徴もあります。予防するためには、体の中からのケアと肌に直接働きかけるスキンケアのダブルのケアが必要になります。

    体の中からのケアとしては、とにかく健康的で規則正しい生活を送るということがカギとなります。

    ビタミンやミネラルやタンパク質をバランス良く取り入れた食事、良質な睡眠、運動の習慣、ストレス解消、疲労回復、禁煙などを心がけましょう。



    栄養の不足を補うためにサプリメントを摂取するのも効果的です。スキンケアにおいては、保湿ケアを徹底的に行うのがにきび予防への近道となります。保湿ケアをして肌にたっぷりとうるおいをチャージすることで角質のバリア機能が高まりターンオーバーが促進されます。
    角質層に油分や水分をため込んでおく力が増すのでにきびができにくい肌環境をつくることができます。
    角質を健康に保つということが保湿力のアップにつながるので、ブースターやパックやピーリング剤やふき取り化粧水をスキンケアに取り入れて角質ケアをするということがポイントとなります。

    livedoorニュースの情報探しはそれほど難しくありません。